カツロンの技術力

カツロンは「ものづくりの街・東大阪」の中心にある「樹脂素材応用製品」のメーカーです。私たちは、求められる製品の用途に応じて、様々な特性を持ったプラスチックの中から最適な素材を選び、押出成形という技術でカタチにしています。
作られる製品はミクロ精度のチューブからホース、電車・バスのドア・窓や公衆電話ボックスのパッキン、緩衝材など、様々な分野に広がっており、素材の多様性と、特性に応じた成形技術によって「多品種、小ロット」に対応し、オンリーワンの基盤を固めています。

金型は自社で製造

営業部からの提案内容を元に、材料と形状に応じて最適な構造の金型を設計しております。
金型を内製しているので、試作~修正を繰り返すケースが多い押出成形の世界で、どこにも負けないスピードで製品化を達成することができます。

小ロット・多品種に対応

材料の仕入れ・配合・管理から、押出成形・梱包・出荷まで、製造の全ての工程を一気通貫で行うため、品質管理がゆき届いています。
また、検査機器、ラインなどに設備投資を行い、積極的に品質管理力の向上を目指しております。

pagetop